VMware ESXi(VMware vSphere Hypervisor)をインストールする際に、気をつけなければならないのは各ハードウェアとの互換性についてです。

サーバー専用マシンであればともかく、クライアント用のマシンの場合、インストールに失敗する、あるいはインストールには成功しても一部の機能が正常に動作しないといった問題が起こる可能性が高いです。


VMware ESXi(VMware vSphere Hypervisor)のハードウェア要件はVMware社のWebサイトに公開されています。
導入前に、各ハードウェアが要件を満たしているかどうか確認しておきましょう。
 → 互換性リスト(HCL)


VMware ESXiはサーバー専用マシン用であるとも言えるため、個人用のWindowsマシンでは上記の要件を満たすことは難しいかもしれません。

サーバーベンダーよりOEM製品として提供される「Embedded Edition」というものもあります。
VMware社のWebサイトからダウンロードするVMware ESXi(installable Edition)とは提供される方法が違うだけで中身は全くの同一製品ですが、Embedded Editionは、VMware ESXiがインストール済みの状態でサーバー専用マシンと一緒に提供する形態となるため、VMware ESXiを動作させる上で、最適な構成となっていることになります。

ただ、その場合はサーバー専用マシンを購入することになるため、当然、費用がかかります。