VMware vMotionは、VMware vSphereパッケージを構成する機能のひとつで、メンテナンス等の計画停止を最小にすることができます。

通常、機器交換等のメンテナンスを行う場合、一度、システムを停止させなければなりません。
その場合の、ダウンタイム(システムが停止している時間)はメンテナンスが完了し、システムの全起動が完了するまでとなります。

vMotionは、そのダウンタイムを0にすることを可能にします。


vMotionを実行すると、稼働中の仮想マシンを別の物理サーバー(別のVMwareESXi)に移動します。
移動中も、実行中のトランザクションは完全に維持されるため、ダウンタイム0で、仮想マシンの移動が可能です。

仮想マシンの移動完了後、対象の物理サーバーのメンテナンスを行い、完了後、再度、vMotionを実行し、仮想マシンを元の物理サーバーに戻してやれば、システムを止めずに物理サーバーのメンテナンスを行うことができるというわけです。


vMotionと似た機能として、Storage vMotionという機能も用意されています。

Storage vMotionは、仮想マシンが格納されているデータ領域を別のストレージへ移動できる機能です。
完全なトランザクションの整合性を維持したままの移動が可能なため、こちらもダウンタイムは0となります。

この機能により、ストレージの移行やI/O分散、ストレージ容量の効率的な管理が容易になります。