VMware HA(High Availability)は、物理サーバーに障害が発生した場合、影響を受けた仮想マシンを、別の物理サーバー上で自動的に再起動する機能です。

この機能により、物理サーバーの障害やソフトウェアによる障害(ハングアップ)などによる計画外の停止が発生した場合のダウンタイムを低減させることができます。

VMware HAは、VMware vSphereによってクラスタを構成する機能です。

クラスタとは、複数のコンピューターを結合して一つのシステムとして動作させることです。

VMware HAは、2台以上の物理サーバー(VMwareESXi)でクラスタを構成し、1つの物理サーバーで障害が発生した場合は、その物理サーバー上で動作していた仮想マシンを他の物理サーバー(VMwareESXi)上で再起動させます。

これにより、障害復旧を待つことなく、仮想マシンをすばやく復旧できます。

また、VMware HAはソフトウェアによる障害(ハングアップ)も復旧できます。

仮想マシン上で動作しているVMwareToolsプロセスのハートビート(自身が正常に 稼動していることを外部に知らせるために送る信号)をクラスタ内で監視しあうことで、ハングアップしてしまっていないかを監視できます。