CentOSのインストール完了後、再起動すると初期設定ウィザードが開始されます。

まずはようこそ画面が表示されます。

ようこそ

そのまま「進む」ボタンをクリックします。

ライセンス情報が表示されます。

ライセンス情報

問題なければ、「はい、ライセンス同意書に同意します」にチェックを入れ、「進む」ボタンをクリックします。

ユーザーの作成

管理者(root)以外のユーザーを作成します。
ユーザー情報を入力したら、「進む」ボタンをクリックします。

日付と時刻

日付と時刻を設定します。
時間がずれていれば調整し、設定が終わったら「進む」ボタンをクリックします。

Kdump

Kdumpの設定で上記メッセージが表示される場合がありますが、気にせず「OK」ボタンをクリックします。

Kdumpの設定

「終了」ボタンをクリックします。


ログイン画面

次にログイン画面が表示されます。


以上で、初期設定は完了です。