VMware ESXiへの接続はVMware vSphere Clientを使用します。

まずは、VMware ESXi(VMware vSphere Hypervisor)のサーバー機の電源を入れて起動します。


次に、VMware vSphere Clientを起動します。
VMware vSphere Clientインストール後、デスクトップにショートカットが作成されているはずなので、それをダブルクリックしてください。

下記ダイアログが表示され、VMware ESXiのIPアドレス、ユーザー名(root)、パスワードの入力を求められます。

VMware vSphere Client起動

各項目を入力して、「ログイン」ボタンを押下します。

セキュリティ警告が表示されます。

セキュリティ警告

SSL証明書のインストールを求められます。
VMwareESXiにあるSSL証明書が信頼性のないものであると言っています。
信頼性のあるSSL証明書はベリサイン等(有料)で発行してもらうことになりますが、今回はその必要はありません。
「無視」ボタンを押下し、先に進めます。


試用ライセンス

60日の使用制限がある試用ライセンスであるとの警告が表示されます。
ライセンス設定は後で行うので、「OK」ボタンを押下し、先に進めます。


VMware vSphere Client

VMware ESXiへの接続が無事にできれば、VMware vSphere Clientが起動します。



以降は、VMware vSphere ClientからVMware ESXiの設定を行っていくことになります。