VMware ESXiへのアクセス方法はVMware vSphere Clientを使用するのが一般的です。
今回は、そのVMware vSphere Clientのインストール方法について見ていきます。


VMware ESXiをダウンロードした際に、一緒にダウンロードしたVMware vSphere Clientのインストールファイル(exe形式)を実行します。(ダウンロードがまだの場合は、「VMware ESXi 4.1.0のダウンロード」を参照してください)

実行すると、インストールに必要なファイルの展開が始まります。

インストールファイル展開


次に、インストールで利用する言語を選択します。

セットアップ言語選択画面

ここでは「日本語(日本)」を選択し「OK」ボタンをクリックします。
なお、ここで選択した言語はあくまでインストール時に使われる言語であり、vSphere Clientの言語とは異なります。

vSphere Clientのインストールウィザードが表示されます。

vSphere Clientのインストールウィザード

「次へ」をクリックします。

使用承諾契約書が表示されます。

使用承諾契約書

問題なければ「次へ」をクリックします。

続いて、ライセンス契約についての契約書が表示されます。

ライセンス契約承諾画面

ここも問題なければ「次へ」をクリックします。

ユーザー情報入力画面が表示されます。

ユーザー情報入力画面

「組織名」については個人で使う場合は、「個人」あるいは「person」などで良いと思います。

vSphere Clientのインストール先選択画面が表示されます。

インストール先選択画面

任意のインストール先を指定し、「次へ」をクリックします。


インストール開始

あとは「インストール」をクリックすれば、インストールが開始されます。

インストール中


インストール完了

最後に「終了」をクリックすれば、インストール完了です。