前回では、下図のようなLANを構築していくことを決めました。

ネットワーク論理構成図

次に、仮想化を行う対象を決め、
それを踏まえたネットワーク論理構成を決定していきます。

今回のLAN構築は、VMware ESXiによるサーバー仮想化の勉強を目的と定めているため、その要件を満たすためには、複数台のサーバーを仮想化対象にすることが必須となります。

ということで、WebサーバーとDBサーバーの2台を仮想化対象とします。
(そのために、仮想マシンを2台作成し、それぞれにサーバーOSをインストールし、2台のサーバーを構築することになります。)

また、VMware ESXi(VMkernel)を管理するためのインターフェイスも必要です。
管理用のインターフェイスは仮想マシンが使用するインターフェイスとは異なるものにするのが望ましいです。

さらにネットワークについても、仮想マシンが使用するネットワークと管理用のネットワークを分けた方が、セキュリティや運用上の観点などから望ましく、一般的です。

VMware ESXiへはvSphere Clientからアクセスし、vSphere Client上で仮想マシンの管理等を行うことになります。
そのため、管理用のネットワークにvSphere Clientを1台設置します。


それらを踏まえ、ネットワーク論理構成は下図のようなものとします。

ネットワーク仮想化論理構成図

ネットワークセグメント

セグメント名概要
サーバーセグメント各種サーバーを設置するセグメント
クライアントセグメントクライアントPCを設置するセグメント
管理用セグメント仮想化環境を管理するためのセグメント

次回はネットワーク物理構成と機器のサイジングについて考えていきます。