VMware vCenter Converterには、無償版のVMware vCenter Converter Standaloneと有償版のVMware vCenter Converter (プラグイン) の2種類が提供されています。

ここではVMware vCenter Converter Standaloneを使用した移行方法について見ていきます。

VMware vCenter Converter Standaloneは、P2VやV2Vに対応している他、他社の仮想マシンフォーマットをVMwareの仮想マシンフォーマットに変換する機能も備えています。

Windows上で動作するツールであり、直感的なウィザード形式により移行を行うことができます。


VMware vCenter Converter Standaloneのダウンロード

VMware vCenter Converter Standaloneは以下サイトからダウンロードできます。ダウンロードする場合はユーザー登録が必要です。
https://www.vmware.com/jp/products/converter


VMware vCenter Converter Standaloneのインストール

ダウンロードしたExeファイルをダブルクリックするとインストーラが起動します。

VMware vCenter Converter Standalone

あとは、ウィザードに従って、進めていけばインストールできます。

インストール完了

インストールが完了したらデスクトップ上に以下のようなショートカットアイコンが作成されます。

Clientアイコン

ダブルクリックすると、VMware vCenter Converter Standalone Clientが起動します。

起動画面

次回は、VMware vCenter Converter Standaloneを使用して、実際にP2Vを行ってみます。