VMware ESXi単体で使用する場合は無償で提供されています。
(詳しくは「vSphere Hypervisorとは」を参照してください。)

仮想マシン上で動作させる仮想OSとして、
Windows ServerはWindows NT 4.0から対応、
LinuxはRed Hat Enterprise LinuxやCentOS、Ubuntu Linuxなど様々なディストリビューションに対応しています。

無償と言っても、ハイパーバイザーとしての完成度が高いと評判であり、機能を絞込みシンプルな構成のため高いセキュリティを実現しています。
そのため、VMware ESXiを導入するケースは非常に多いです。
また、別途サポート契約を購入することもできます。


VMware ESXiは以下の要件に満たしていればクライアントOS搭載マシンにもインストールすることが可能です。

  • 64bit対応している(x86 CPU)※1
  • 2つ以上のコアを持つホストマシン
  • 2GB以上の物理メモリ(8GB以上を推奨)
  • ギガビットまたは10Gbイーサネットコントローラ(NIC)
  • 2GB以上のインストール領域(HDD/SDカード/USBメモリ)

※1より快適に利用するにはハードウェア仮想化のサポート(Intel VTxまたはAMD-V)を搭載したCPUを推奨

ただし、上記要件を満たしていても、一部のNICやチップセット等の環境の相性で正常に利用できない場合があります。
特に、ディスプレイ一体型PCやタブレットにもなるPCなど、特殊なドライバが必要なマシンの場合の場合は注意が必要です。

VMware ESXi(VMware vSphere Hypervisor)のハードウェア要件はVMware社のWebサイトに公開されていますので、導入前に、一度お使いのハードウェア構成で動作するか確認してみることをおすすめします。
 → 互換性リスト(HCL)