ダウンロードしたCentOS6.4のDVDイメージファイル(ISOファイル)をVMware ESXiが参照できる領域(データストア)へアップロードする作業をここでは行います。
この作業は、仮想マシンにCentOS6.4をインストールするために必要なこととなります。

まずは、VMare vSphere ClientからVMware ESXiへ接続します。

VMware ESXiへの接続が完了し、VMare vSphere Clientが起動したら、左ペインにあるVMware ESXiサーバーのIPアドレスをクリックし、選択します。

次に画面右の「構成」タブ → 「ストレージ」をクリックします。

構成-ストレージ


VMwareESXiが参照できるデータストアの一覧が表示されます。

データストアの参照


VMware ESXiをインストールした直後であれば、通常、データストアはVMware ESXiをインストールした物理サーバーのハードディスクのみが一覧にあがっています。
任意のデータストア(上の画像では「datastore1」を右クリックし、コンテキストメニューから「データストアの参照」をクリックします。

データストアブラウザが表示されます。

データストアブラウザ

赤枠のメニューアイコンをクリックします。

「新規フォルダ」ダイアログが表示されます。

新規フォルダ


新規フォルダの名前を入力し、「OK」をクリックします。
上の画像では「ISO」というフォルダを作成しています。

データストアブラウザに戻ったら、赤枠のメニューアイコンを選択し、「ファイルのアップロード」をクリックします。

ファイルのアップロード


「アイテムのアップロード」ダイアログが表示されます。

アイテムのアップロード


あらかじめダウンロードしておいた、CentOS6.4のISOファイルを選択し「開く」をクリックします。

アップロードが開始されます。

アップロード


ISOファイルは2つあるので、同様の手順でもうひとつもアップロードします。

アップロード完了


データストアブラウザにアップロードしたISOファイルが表示されていれば完了です。