CentOSにIPアドレスを設定します。

今回設定するのは、WebサーバーのIPアドレスとなるため、ネットワーク構成図に従い、「172.16.0.100/24」を割り当てます。

ネットワーク仮想化論理構成図

「eth0」インターフェイスの設定を記入します。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
TYPE=Ethernet
UUID=1f70411e-ee44-41cf-9f08-a6216c8497a3
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=none
HWADDR=00:0C:29:B8:53:5C
IPADDR=172.16.0.100
PREFIX=24
GATEWAY=172.16.0.254
DNS1=172.16.0.100
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0"

参照先となるDNSサーバーの設定を記入します。

# vi /etc/resolve.conf
nameserver 172.16.0.254

上図のネットワーク構成に従えば、ここで設定するDNSサーバーはルーターのIPアドレスとなります。

ゲートウェイの設定を記入します。

# vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
GATEWAY=172.16.0.254

ゲートウェイとなる機器に関しても、上図のネットワーク構成に従えばルーターとなります。

最後に上記設定を反映させるためにネットワークを再起動させます。

# service network restart

以上で、IPアドレスの設定は完了です。